下取りと買取は何が違うの?ディーラーの下取りと買取専門店の違いとは?

新車を購入して現在の車を売りに出す場合、

 

下取りに出すか車買取店に売るか悩む人は多いです。

 

下取りと買取は何が違うの?ディーラーの下取りと買取専門店の違いとは?
似ているようで違うのがディーラーの下取りと買取で、

 

どちらにもメリットとデメリットがあります。

 

 

ディーラーの下取りは、

 

値引きができなくても下取り価格で補填することが可能です。

 

 

下取りしてもらった代金は購入する車の支払いにあてられるので、

 

自由に使えないのがデメリットになります。

 

 

買取の場合は人気が高い車であれば高値がつきやすいです。

 

 

買取店を比較して、

 

最も高い価格をつけてくれた店に売ることができます。

 

 

車を売ったお金を好きなように使えるのも買取のメリットです。

 

 

買取はメリットが多いですが、

 

相場の変動があるので売却のタイミングによっては査定が低くなることがあります。

 

 

愛車を大手の車買取専門店に査定してもらって売却すると、

 

専門店側では様々な方法で買取った車を高く売ることができます。

 

 

全国チェーンの車買取専門店は全国の店舗で販売し、

 

オークションにも出品します。

 

 

日本国内で人気がない車であっても、

 

海外に輸出すれば売れるケースがあります。

 

 

車の査定ポイントのひとつが年式です。

 

 

車両価格は5年で下落し、

 

市場での人気で価格が上下します。

 

 

キズやヘコミがあると、

 

当然ながら評価が下がります。

 

 

人によっては様々な理由で期限内に車検を受けることができなかった人もいます。

 

 

車検切れであっても、

 

車の買取と売却は可能です。
下取りと買取は何が違うの?ディーラーの下取りと買取専門店の違いとは?

 

車検の期限が切れたままで走行した場合は無車検走行となるので、

 

買取店の出張査定を利用する人が増えています。

 

 

愛車を売る場合はローンを完済して所有権を自分の名義にする必要がありますが、

 

ローンが残っている場合でも車を売却することは可能です。

 

 

査定をして売却額が出ると、

 

売却額からローンの残債を一括返済できるからです。

 

車を買取店に売った人の手元には、

 

車を買取店に売った人の手元には、

 

残債額を差しい引いた金額が残ることになります。

 

 

査定額より残債額の方が上回った場合は、

 

不足分を現金で支払います。

 

 

不足分はローンで支払うことも可能です。

 

 

車を査定してもらって査定額に満足した場合は、

 

多くの人ができるだけ早く愛車を手放します。

 

 

買取額は市場の相場に合わせて決定しているので、

 

査定した日から時間が経つと査定をやり直すこともあります。

 

 

査定をやり直した場合は前回の査定金額よりも下がることがあるので注意が必要です。

 

 

ボーナス前は特に相場が大きく変化するので、

 

査定額の有効期限をしっかりと把握しておきます。

 

 

売買の契約を結んだ後にキャンセルする場合は、

 

違約金を請求される可能性があります。

 

 

車を売却する場合は自動車税納税証明書が必要で、

 

紛失すると売却ができなくなります。

 

 

自動車税納税証明書を紛失した場合は、

 

自動車税を納めた都道府県の税務署で再発行ができます。

 

 

自動車税を滞納している人は売却できないので査定も難しくなります。

 

 

自動車税の納付は車を所有している人の義務なので、

 

滞納している場合は早急に納付を済ませる必要があります。

 

 

 

トップページに戻る